« おてて絵本イベント問題 | トップページ | ドリームハウス問題 »

2007年5月23日 (水)

インド舞踊が好きで好きで大好きで 岡村知子さん

【NAMARA缶詰カフェ 5ミニッツインタビュー】
クリクリッとした目が印象的な岡本知子さんは、インド古典舞踊家。1996年に初渡印して以来、インドで4年間に渡り研鑽を積み、現地公演でも高い評価を獲得。現在は新潟市を拠点に公演活動や踊りの紹介指導などを行っているとのこと。一般的には馴染みの薄いインド舞踊に、そもそもなんで興味を持ったのか?どこが魅力的なのか?そのへんのことを聞いてみました。

Okamura

サトシン
では、自己紹介からお願いします。
岡村
岡村知子です。「バラタナテイヤム」と呼ばれる南インドの古典舞踊をしています。4年くらいインドでこの踊りを勉強しまして、新潟に戻りましてからかれこれ7年くらい経ちますが、今現在は教えることと踊り手として踊ることを2本柱として、踊りの活動をしています。
サトシン
そもそもの踊りとの出会いは?
岡村
私が学生の頃なんですが、一人でインドを旅行した時にたまたま知り合って食事をご馳走してくれた方の家の小さな娘さんが「習っているから」と踊りを見せてくれたことが最初でした。衣装をつけてるわけでもないし、メイクをしているわけでもなく、子どもが音に合わせて動いてくれただけのものだったんですけど、それだけでも十分、すごく印象的でした。そのあとずーっと私の頭の中に踊りがありまして、私自信が踊りを習い始めたのはそれから3,4年経ち、社会人になってからなんですが、東京で、インドで学んで帰って来られた日本人の先生から習いまして、1年くらい習ったところで、どうしてもインドに行って習いたくなりまして、渡印しました。
サトシン
行動力すごいですね。それで?
岡村
最初は1年くらいの予定だったんですけど、1年でできることはたかが知れていたんですね。自分の中で区切りがつけられればと思いながら滞在しているうちに4年が過ぎまして、達成したとは思ってないんですけれど、なんとか最初の区切りはつけられたかなということで、一度インドから帰って来まして、その後は行ったり来たりしながらやってます。
サトシン
インド舞踊の魅力って何ですか?
岡村
私が感じているのは・・・私がむしろ言っちゃいけないことで、観た人が受けとめて感じるべきことなんですけど、インド舞踊はテーマがすごく深いので、「人はどのようにして生きるのか」とか、「宇宙の真理」とか、難しく言えばそういう宗教的なことなんですけど、簡単に言ってしまうならば、「いろんな降りかかる苦難をすべて受け入れて、苦難さえも感謝して生きましょう」ってことなんです。「生きることは辛いけれども、自分を取り巻くすべてのものに感謝をしてがんばって生きましょう」ということ。そのへんがこの踊りの言わんとしていることだと、そういうふうに自分は解釈して踊っています。
踊りにはストーリーがあったり、断片的に神様のエピソードを表すようなものもあるんですが、一人の女と一人の男のやりとりを描いたような踊りもあるんですね。その男が神様だったりもするんですが、そういったやりとりを通して、葛藤だとか、嫉妬だとか、愛情だとかを表面的に描きながら、実はそこで言っているのはもっと掘り下げて、まったく自分の欲とか執着とかを捨て去って帰依するということだったりするんです。踊りながら、それを自分がどのように解釈するかというところで、すごく難しいし、だからこそ面白いんですね。
サトシン
これからの活動を教えてください。
岡村
今は、生徒の育成を中心に活動しています。一番大事なのは踊りとその素晴らしさを知ってほしいってことなので、実際に習ってもらい、踊ってもらうということが中心なんです。それプラス、自分の踊りを観てもらうということを、併行でやっています。
今後の活動としては、6月9日、「ギャラリーカフェ悠」というところで、「インド舞踊の夕べatワインパーティー」というイベントをやります。9月3日には、まだ詳細は決まっていないんですが、新潟県民会館の小ホールで公演をすることになりました。そちらではきちんとしたステージがあって、照明も入りますので、よりよい環境で、よりよい踊りを観ていただくことができると思います。ぜひ観に来てほしいと思います。
サトシン
楽しみですね。
岡村
はい。踊っている私も、同じ踊りでも、自分自身のその時の置かれた状況とか、その時の考え方によって踊りの解釈が変わり、踊り自体も変わるんです。そんなこともあって、奥の深さをとても感じるのがインド舞踊なんですね。なので、ぜひとも観てほしいですし、とにかく触れてそこで感じたものを大事にしてほしいと思います。
サトシン
まずは観て!ってことですね。
岡本
はい、ぜひ!
(2007.5.22 NAMARA缶詰カフェ オーサムにて)

====================

岡村知子さんHP「ビディア・カラー インド古典舞踊バラタナティアム教室」
http://www5.ocn.ne.jp/~kitsuney/vidyakala/

インド舞踊の夕べatワインパーティー
~南インド古典舞踊バラタナテイヤム~
(踊りを観賞後、ワインとお食事付)
日時:2007年6月9日(土)18:30開演(公演時間約50分)
場所:ギャラリーカフェ悠 亀田鵜の子4-1-26 アピタ亀田店前
料金:3500円(ワインパーティー込み)
※踊りのみ観賞の場合1500円(予約申し込み時にお伝えください。
ご予約・お問い合わせ:025-381-3908  090-7412-7035(乙川)

« おてて絵本イベント問題 | トップページ | ドリームハウス問題 »

コメント

なかなかの美人さんですね。そして行動力があって踊りでも高い評価。前途有望!?

>ヒョッコリーさん
しかもスラッとスタイルもいいのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180511/6524706

この記事へのトラックバック一覧です: インド舞踊が好きで好きで大好きで 岡村知子さん:

« おてて絵本イベント問題 | トップページ | ドリームハウス問題 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック