« 大橋吾郎(よよよ画) | トップページ | おてて授業問題 »

2007年6月10日 (日)

ふしぎな絵本

新潟県 猫影さん 40代 女
猫影は、自分の絵本を開きました。
小さな絵本だったので、何も見えないような気がして
次のページをめくると、少し大きな絵本になっていました。
大きくなったのが嬉しくて
次のページをめくると、もっと大きくなりました
どんどんページをめくっていくと
おてて絵本が
両手絵本くらいになって
からだ絵本くらいのおおきさになって
とうとう部屋いっぱい
端から端まで走らないと、めくれないくらいの大きさになりました。
でも結局、猫影の絵本は大きくなっただけで
そこに描いてあるはずの絵は
なんにも見えませんでした。
(備考)
「やばいっすよ、おてて絵本!!!! 大人がやったら自分探しになっちゃうわっ」と、自分でやってみた猫影さん。Mixi内の「やってみよう!おてて絵本」コミュでのご投稿です。たしかに。手を見ながらアドリブで演じることによって、内面が出てくるってことはあるようです。それは大人もこどもも同じですけど。 ちなみに、おてての絵本が大きくなるってのは、園児さんたちと遊ぶ時によくやります。大きくなったり、小さくなったり、ひらひら飛んでったりってやりながら、動きの世界に持ってって、遊びたいゴコロを発散させるわけ。で、しばしカラダを動かしたら、またお話をしてもらうとか。 こういう大人の「おてて絵本」も面白いですね。

■「おてて絵本」は・・・おてて絵本普及協会

« 大橋吾郎(よよよ画) | トップページ | おてて授業問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180511/6730009

この記事へのトラックバック一覧です: ふしぎな絵本:

« 大橋吾郎(よよよ画) | トップページ | おてて授業問題 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック