« おてて絵本レビュー問題 | トップページ | 実現化問題 »

2007年8月21日 (火)

コアラとラッコとネコのおまわりさん

こうちゃん 愛知県 4歳 男 夫さん投稿(mixiコミュ投稿
むかし、あるところに
まわるおすし屋さんとそっくりの家に
コアラとラッコが住んでいました。
ある日コアラとラッコがおうちに帰ると
そこはまわるおすし屋さんでした。
「ここはお前たちのお家じゃねえ!」
ふたりはおすし屋さんに怒られてしまいました。
「まちがえちゃった!」
コアラとラッコは迷子になってしまいました。
そこにおサルのおまわりさんがやってきました。
ネコの「パンダ」というおまわりさんも来ました。
おまわりさんが電話をかけてくれたので、
コアラとラッコのお母さんが車で迎えにきてくれました。
こうしてコアラとラッコはおすし屋さんにそっくりな
お家に帰ることができました。
(備考)
「義妹家族と回転寿司を食べにいったところ、店内あふれんばかりの超満員。待ち時間は30分のアナウンスに「お腹すいた~!」と暴れはじめる幼児たちに、お店の隅でおてて絵本を開かせました。おてて絵本のおかげで、いつも人ごみの中で暴れては叱られる子どもたちがおとなしくしていてくれました。なんて素晴らしいんだおてて絵本。そして、甥っ子のこうちゃんはおてて絵本3回目にしてはじめて最後までストーリーを語りきることができました。記念すべきおてて絵本デビュー作です。」と採取者の夫さん(HNです)。ちょっとした待ち時間に楽しめるのも「おてて絵本」のいいところですね。

■「おてて絵本」は・・・おてて絵本普及協会

« おてて絵本レビュー問題 | トップページ | 実現化問題 »

コメント

なんだか不思議な味わいのあるお話ですね。読んでるうちについついニヤニヤしてしまうのはなぜでしょう。大人の作る話にはない魅力を感じます。

>マルダーさん
ですよね。意味不明なところも多いけど、なんともいえない、いい味わい。こんな話、大人が計算して書けるもんじゃありませんよ。こういうお話を聞くにつけ、つくづく「こどもって面白いな~」って思っちゃいます。

こうちゃんはヤンチャでお調子者。どれだけパパママに叱られても、いつでもどこでも走り回っている4歳児。だから、おてて絵本で最後まで物語をキチンと語りきったときは、結構びっくりしました。最近は会うたびに「おてて絵本やろっ!」と、独特の不思議な味わいがある話を聞かせてくれますよ。また投稿させていただきますね。

>夫さん
他の話も採取してるんですね!ぜひぜひぜひぜひ早くご投稿ください。いいなあ、こうちゃん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180511/7619281

この記事へのトラックバック一覧です: コアラとラッコとネコのおまわりさん :

« おてて絵本レビュー問題 | トップページ | 実現化問題 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック