« 佐々木悟郎(よよよ画) | トップページ | 童話の学校問題 »

2007年9月 1日 (土)

ぺっこぺこのわかなとたまちゃん

新潟市 女 5歳
むかしむかし、あるところに、わかなと、たまちゃんがいました。
そしたら、おなかがぺっこぺこでレストランに行きました。
そしてごちそうをいーっぱい食べました。
そして、おなかがいっぱいで、ひとやすみひとやすみ。
そしたら、お昼寝をして、ぐっすり眠りました。
そしたら、木の下で、のんびりと眠りました。
昼寝が終わったら、一緒に鬼ごっことかをしました。
そして、かくれんぼとかもしました。
そして、またまたおなかがぺっこぺこでした。
そしたら、またレストランに行きました。
そしたら、もぐもぐぱくぱくと食べました。
そしたら、また昼寝をしました。
今度は、さっきよりもいーっぱいぐっすり眠りました。
そしたら、もっともっともーっと眠りました。
そして、その次、わかなたちは、おなかが太っていました。
(備考)
ごちそう食べて、お昼寝して、遊んで、またごちそう食べて、寝て。理想の生活ですね。すごいドラマが起こるわけでもないのに、すっごく楽しいお話です。大好きなことを自由にやっていることを、これまた自由に喋っていることが聞いていても底抜けに明るい楽しさとして感じられるんでしょうね。でも、太りすぎには気をつけて!

■「おてて絵本」は・・・おてて絵本普及協会

« 佐々木悟郎(よよよ画) | トップページ | 童話の学校問題 »

コメント

はあ~女心をくすぐる描写の連続です。
まさに理想的だにゃー、うっとり。

「ぺっこぺこ」からはじまって「いーっぱい」とか、「もぐもぐぱくぱく」、「ひとやすみ、ひとやすみ」、「もっともっともーっと」って、きもちのいいリズムのことばがつづいているのがたのしいですね。いーっぱいたべて、いーっつぱいあそんで、いーっぱいねむれば、大きくなれるし、あたまもよくなるんだよ。ふとるしんぱいなんてしなくていいからね。

>ぷりままさん
毎日こんな生活だったら、どんなに幸せなことでしょう。ウットリ。

>夫さん
スルドイ。彼女は読む際も、抑揚つけてリズムも心地よく、「おてて絵本リーダー」としての才能を感じる子なんです。NHKで全国放送していただいた映像にもちらっと出てるんですよ。「怪獣が・・・」なんて言ってる子。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180511/7760119

この記事へのトラックバック一覧です: ぺっこぺこのわかなとたまちゃん:

« 佐々木悟郎(よよよ画) | トップページ | 童話の学校問題 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック