« いたずらっこのうさぎ | トップページ | カメさんとサルさんのケンカ »

2007年11月14日 (水)

保育実習問題

新潟大学教育人間科学部の授業「保育内容(言葉)」の保育実習に「おてて絵本」が活用されることになった。幼児の遊びを観察したり、共に遊ぶことを通して、各年齢段階のこどもの発達、特に言葉の発達の具体的姿を学んでいくわけだが、そこに「おてて絵本」を活用することにより、幼児の想像力、言葉の発達についての理解をより深めていこうというもの。11月19日から始まる実習に先立って先日「おてて絵本ガイダンス」をさせていただいたが、12日は実習先の新通保育園に行き、学生さんたちが副園長の細川玲子先生からのお話を聴く「実地指導ガイダンス」に立ち会ってきた。新通保育園は自分も週1ペースでお邪魔して「おてて絵本ストーリー」の採取をさせていただいている園。玲子先生とも仲よくさせていただき、会えばヨタ話で笑い転げている。が、思えば玲子先生の保育観をじっくり聴く機会は今までなかった。どんなことを喋るの?と思っていたら…現場で長年やっているからこその頭でっかちじゃない、ためになるいいお話が満載。喋れるんじゃないですか玲子先生!1時間半弱、メモしまくりでお勉強させていただいた。
(備考)
保育実習は11月19日から1月28日まで。実習中、どんなお話が採取できるか、どんなことを学生さんたちが学ぶか、自分としても楽しみです。

Sindoorireiko

ガイダンス中、「私はこう考えてるわけ。そこんとこサトちゃん、どう思う!?」なんて感じで頻繁に問いかけられ、こちらとしても気が抜けませんでした。

« いたずらっこのうさぎ | トップページ | カメさんとサルさんのケンカ »

コメント

大学でも良さが認められてるということですね。それもおてて絵本の普及にとっては大きな力になることと思います。いい感じです。

居心地のよさそうな保育園とお見受けしました。写真からも。おてて絵本、素敵ですね~。

ホントに大活躍で嬉しいです。
おてて絵本を知ったきっかけが
姉の子からの伝授でしたが・・・・
すっかり他の子に伝授するようになった家の子
聞かせて聞かせておてて絵本♪
って所のフレーズしか知らないおてて絵本の歌
保育園でそんな歌ないくせに・・・・・
と皆に言われてシュンとなって帰ってきた我が子
歌を是非ダウンロードなり又は歌誌の紹介なりとをしてもらえたら・・・うそつき呼ばわりもされないと・・・
そんな予定はないのですか?

はじめまして。
うちでもおてて絵本やってます。もともと絵本は好きな子だったんですが、絵本以上に興味をもってくれてどんどんお話をつくってくれます。大人が子供に楽しませてもらってるような!?素晴らしい遊びを教えていただきありがとうございました!

>YO7さん
それはあります。ありがたいことです。

>スザンヌさん
居心地いいですよ!初めてお邪魔した時に、あまりの居心地のよさに「ちょくちょくお邪魔してもいいですか?」ってお願いしちゃったくらいですから。

>6歳のママさん
そんなことでうそつき呼ばわりって…
ステージ用にホントにそういう歌をつくって歌ってはいるんですけどね。
ここの該当箇所をプリントするってことでいかがでしょうか。
http://www.ne.jp/asahi/satoshin/s/katudo.htm

>まーみんさん
こちらこそありがとうございます。こどもも大人も楽しいってところがいちばんの良さだと思います。わかってらっしゃる!楽しいお話が聞けたら、ぜひともご投稿ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育実習問題:

« いたずらっこのうさぎ | トップページ | カメさんとサルさんのケンカ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック