« クワガタ救出問題 | トップページ | 週刊ベースボール掲載問題 »

2008年8月20日 (水)

桃太郎

新潟市 女 5歳
あるところにおじいちゃんとおばあちゃんがいました。
おじいちゃんはカブトムシを捕まえに行ってました。
おばあちゃんはネズミ買いに行きました。
そして、帰り道を通る時、歩いて帰ります。
その途端、川があって、桃があります。
そして、開けてみたら、でっかい赤ちゃんが生まれました。
そして、ご飯食べてでっかくなって、
お団子持って、ここ(額)に桃太郎のハチマキして、行ったけど、
動物がいなかったから、ひとりで歩いてたら、イヌが来た。
そして次はキビダンゴあげて、またハチマキつけてあげて、
そして歩いてたらね、キツネ。
そして、キツネにキビダンゴあげてね、一個ずつあげて食べて、
またハチマキつけてあげた。
次はサルがいて、「サルおいでー、キビダンゴあるよ」って言って、
あげたらね、またサルもハチマキしてね、
そしたらね、次はね、ネコが来て、ハチマキして、キビダンゴあげて、
次はクマが来て、そしたらハチマキして、ダンゴ食べて、
「これで鬼退治に行こう」って言って、
そして来たら、鬼がいなかったから、お金を盗った。
鬼が留守だったから、盗ったんだよ。おしまい。
(備考)
既存のお伽話をベースにお話するというケースも「おてて絵本」では多いです。それはそれで、楽しげに話してくれるだけでも遊びとしてはオッケーなんですが、脱線したり間違ってくれたりすると、そこがその子らしい味わいとなり、聞いてる大人としてはより面白がれたり。「カブトムシを捕まえに」「ネズミ買いに」…おかしくなればなるほど楽しいです。脱線から想像力が活きてくることも多々あるわけで、「そこ、違うでしょ」なんて修正は「おてて絵本」ではあんまりやらなくてもいいのでは?と思います。

■「おてて絵本」は・・・おてて絵本普及協会

« クワガタ救出問題 | トップページ | 週刊ベースボール掲載問題 »

コメント

ずれ加減が絶妙です。子供ならでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180511/23110056

この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎:

« クワガタ救出問題 | トップページ | 週刊ベースボール掲載問題 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック