« ヤカンのおかんとフトンのおとんとおてて絵本と仲間たち | トップページ | 住吉保育園おてて絵本講演問題 »

2008年11月29日 (土)

桃から生まれた桃子ちゃん

新潟市 るな 女 3歳 mixi投稿 おむさん
むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんがいました。
おじいさんは山へ芝刈りにおばあさんは川へ洗濯に行きました。
どんぶらこっこ、どんぶらこっこと大きな桃が流れてきました。
おばあさんは大きな桃を持って帰っておじいさんと食べようと思いました。
大きな桃を包丁で切ると中からかわいい女の子が出てきました。
名前は桃太郎。
ううん、女の子なので桃子でした。
桃も食べました。
桃子は大きくなって鬼退治に出掛けました。
犬にお団子を1個あげました。
キジにお団子を1個あげました。
猿にお団子を1個あげました。
みんな仲間になりました。
海に着きました。
どんぶらっこ、どんぶらこっこ鬼が島へ着きました。
ポイポイっと鬼にお団子をあげました。
「待ってよ~。帰らないで遊んでよ~!」鬼が言いました。
鬼と遊びました。
お土産をもらってお家に帰りました。
おしまい。
(備考)
「出だしは母の私が話していたのですがどんぶらこっこのあたりから娘が話し出しました。 きび団子ではないのです。 どこに行くにもどんぶらこっこなのです。 鬼とは戦わないのです。 ケンカはしないのです。 彼女なりのこだわりが出た作品に仕上がったと思います。」と、お母さん。既存のお話や絵本をベースにお話をさせてみると、おかしな方向に脱線していくことがあります。むしろ、そこがチャンス。脱線のし方にその子らしさが出てくるんですよね。ところで桃子ちゃん、どんだけきび団子を持っていたんでしょうか?

■「おてて絵本」は・・・おてて絵本普及協会

« ヤカンのおかんとフトンのおとんとおてて絵本と仲間たち | トップページ | 住吉保育園おてて絵本講演問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180511/25748940

この記事へのトラックバック一覧です: 桃から生まれた桃子ちゃん:

« ヤカンのおかんとフトンのおとんとおてて絵本と仲間たち | トップページ | 住吉保育園おてて絵本講演問題 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック