« おてて絵本と仲間たち | トップページ | またラジオ出ます »

2009年1月 6日 (火)

ぱんやさんのはなし

♪わか♪ さん投稿
新潟市 あやと 5歳 
むかしむかしのお話です。
「むかし」って言っても江戸時代じゃなくてシンデレラとかの「むかし」だよ。
(日本ではなく外国の国の昔話といいたいらしい。)
古いぱんやさんがありました。
お父さんとお母さんがいました。
こどもが内緒で夜中に粉を混ぜてパンを作り始めました。
焼いている途中で眠ってしまいました。
そしたらパンはどんどん大きくなっていきました。
パン屋さんの家は3階まであっておばあちゃんも寝ていたけど朝になってパンの焼ける香ばしい香りがしてきました。
目が覚めたらおいしいパンが屋根裏部屋まで膨らんできて、おばあちゃんがつまんで「あむっ」って食べました。
とってもおいしいパンでした。
外にも香ばしい香りがしました。
それで評判になって行列ができるようになりました。
(備考)
「保育園で読んだ『マフィンおばさんのぱんや』(竹林亜紀 作 河本祥子 絵 こどものとも)の絵本をお風呂の天井の換気扇とメンテナンス用の入り口(?)を見て思い出し話してくれました。(『保育園で読んだ絵本をちょっと変えてお話しするよ』との前置きがあってから両手を広げて話してくれました。) 私が読んだことのない絵本だったのでストーリーを教えてくれるつもりで話し始めたようです。最近やっと保育園で見つけて借りてきてくれたのでどんな絵本だったのかわかったところです。ちょっとだけ彼のアレンジが入ってます。」とお母さん。読んだ絵本をアドリブで読んでみる。それだけでも、あらためてお話を味わい直すことになり、楽しいもの。時には、脱線からオリジナリティの萌芽が見えたりすることも。オススメです。

■「おてて絵本」は・・・おてて絵本普及協会

« おてて絵本と仲間たち | トップページ | またラジオ出ます »

コメント

「あむっ」ってところがカワイイですね~

>くまちゃんさん
小さいお友だちが言うからこそですね。
いや、どうだろう?今度使ってみましょうかね、「あむっ」。

はじめまして。surpriseでおてて絵本を知りました。
子供たちのお話面白いですあね~!
ひとつひとつのサトシンさんのコメントも楽しいです。
両手を絵本に見立てて子供にお話をつくってもらうって発想もすごいです!その手があったか!的な。(おてて絵本だけに)
さっそくうちでもやってみたんですが、必ずうんちが出てきてしまいます・・・でもお金もかからず親子で楽しめていいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180511/26862977

この記事へのトラックバック一覧です: ぱんやさんのはなし:

« おてて絵本と仲間たち | トップページ | またラジオ出ます »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック