« またやって問題 | トップページ | 考えよう!私の未来!問題 »

2009年2月 6日 (金)

キノコ騒動

新潟市 男 8歳
あるところに、男の子がいました。
その子は毎日腹を出して寝ていたので、雷が来て、おヘソを取って、ヘソがカビカビになりました。
そして次の日に、そのカビが、どんどん膨らんできて、キノコになりました。
それをもぎ取って食ってみると、なぜか美味しいのです。
そしてその人は、それを売りに行きました。
ある男の人が、それを「わかんないけど、ちょっと食ってみるか」と言い、買って食べました。
そうすると、ものすごく美味かったのです。
そして、そのお客さんが来てからは、どんどん客が増えたのです。
なぜならその人は、キノコ屋さんでいちばん美味いキノコをつくっている人だったのです。
そして、新聞に出して、その評判が広がったのです。
ある朝、その人が朝ごはんにそのキノコを食べると、なんと不味くなっていたのです。
そして、お客さんが買ったキノコも不味くなっていて、その評判は下がり、その店はつぶされてしまいました。
そしてその人は、ガッカリして家に帰ると、田舎のおばあちゃんが来ていました。
そして田舎のおばあちゃんが普通のキノコをあげると、「うわぁ~、イヤだぁ~!」と言いました。
その子は、あのキノコを食べ過ぎて、バカになっていたのです。
そして、普通のキノコもカビカビのキノコと間違うようになってしまったのです。
そして、その子は「いやだいやだ!」と言ったのですが、田舎のおばあちゃんは、無理矢理食わせました。
そうすると、それはものすごく美味くて、何個も何個も食べていました。
そして夜になり、その子が寝ると、だんだん体の形が変わってきて、デンデンデンデン・・・といい、なんと、おヘソからキノコが出ていたのに、今度は体中から出ていたのです。
その子は「あっ、ヤッベ~!」と思いました。
ですが、今度のキノコはカビカビじゃありません。
そして、田舎のおばあちゃんはたまげて、それを何個も何個も食べても減らないので、お友だちにもあげ、みんなの評判になりました。
今度のキノコはカビカビじゃないのに、みんなが来ました。
そしてそのキノコは、一生苦くなることはありませんでした。
(備考)
出ベソとキノコ、たしかに似てなくもありません。でも、そんなもん、体から生えてきて、食べるかあ?食べちゃうからお話が展開するんですね。美味かったり、不味くなったり、評判は二転三転するようですが、それにしてもカラダから生えてきたキノコってだけでこれだけお話を引っぱれる構成力、タダ者ではありません。

■「おてて絵本」は・・・おてて絵本普及協会

« またやって問題 | トップページ | 考えよう!私の未来!問題 »

コメント

(≧∇≦)きゃあ!
おへそから「カビカビきのこ」が次から次へと生えてきて、それを売りに行くなんてすっごい発想!
しかも「新聞」で評判になったり、「食べ過ぎてバカになったり」って・・・・8歳ともなると、なかなか色んな展開を考えるものなんですね!オドロキました♪

>狢っ娘さん
8歳ともなると、なっが~いお話をしたがる子もたくさん。褒めると調子に乗ってバンバン話してくれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180511/27840326

この記事へのトラックバック一覧です: キノコ騒動:

« またやって問題 | トップページ | 考えよう!私の未来!問題 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック