2010年4月 5日 (月)

安藤哲也さんのおてて絵本コメント

父親向けの育児セミナーで、「子どもとどう向き合っていいか分からない」という悩みをよく聞く。
そもそも仕事時間が長くて家に居られないからそうなってしまうのだが、
そんなパパたちも限られた時間の中で手軽に子どもとコミュニケーションできる方法、それが「おてて絵本」だ。
「OTETE」から繰り出される子どもの自由で豊かな発想に、成長を実感できるし、合いの手で応えてあげればその笑顔に子どもへの愛着が増すだろう。
そうなれば、「子育てって楽しい」と思えるし、きょうも「OTETE」で楽しみたいから早く家に帰ろうと、きっと思えるはずだ。
子育ては期間限定。その貴重な時間を「OTETE」で思う存分、楽しんでほしい。

NPO法人ファザーリング・ジャパン 安藤哲也

2010年2月18日 (木)

椎谷照美さんのおてて絵本コメント

子どもたちのかわいい「おてて」からたくさんのお話ができるのはとっても素敵な事だと思います。
想像力や子どもならではの言葉のリズムと面白いことばが、きっと大人の忘れかけている「あそび心」をくすぐってくれることと思います。
サトシンさんと出会って数年、想いがカタチになっていく姿を見て、まだまだ可能性が秘めている昭和30年代!!と感激しております。
来年は寅年、私たち寅年の出番ですヨ。確か、私の方が一回り年下だと思いますが、トライ年にしていきましょう。
ソング絵本 「わたしはあかねこ」お薦めです。曲調も歌詞もいい!!オリコン1位間違いなし・・
かもしれないくらい、感動です。
応援してます。

NPO法人ヒューマン・エイド22 代表 椎谷照美

2010年1月13日 (水)

中島伸子さんのおてて絵本コメント

うちの子がテレビに映るかもしれない!ということで、民放番組の中でおてて絵本の取り組みを初めて拝見したのが2年前。わが子のことはどっかにふっとんで、誰でもどこでも手軽にできるんだけれど、子どもの心の育ちに対してさまざまな可能性を秘めている!といたく感動し、早速、幼児教育や発達心理学に関心のある学生たちに紹介せねば!と思ったものです。テレビ取材をきっかけに、サトシンさんともお知り合いになる幸運に恵まれ、例年、幼稚園教員志望の学生たちにおてて絵本の講義をしていただいております。その後、幼児たちと遊ぶのはほぼ初めて、という学生たちがおてて絵本を保育実習の中で試してみるわけです。おてて絵本は学生にとって、子どもたちとうちとけ心を通わすための重要なツールとなっていることはもちろんのこと、おてて絵本のやり方を自分なりにあれこれと工夫してみるなかで、子どもや自分自身への気づきなど、実に多くのことを学んでいるようです。私自身、さまざまな授業の中で折にふれ、紹介させていただいております。
 あれよあれよというまに日本中に広まっていった新潟発おてて絵本。新潟県人として自慢できるものの一つですね!

新潟大学教育学部 准教授 中島伸子

2009年11月 3日 (火)

長谷川潤さんのおてて絵本コメント

おてて絵本って、
いつでも、どこでも、手軽に、こどもと遊べるわりに、
とても深い共有体験になるんです。

川の中を亀といっしょに旅をしたり、
なぜかワニの結婚式に出たり・・・

僕の場合、娘のほうがディテールを覚えていたりして、
楽しそうに、その物語を思い出してくれたときなんか、
とても、うれしかったです。

以前、「イクメン塾」でサトシンさんを講師にまねいて、
おてて絵本をやりましたが、参加した男の子は、その後、
50くらいのお話を一気につくりあげたらしく、
そのお父さんはビックリしていました。

こどもとちょっと暇をもてあましたようなとき、
お父さんの出番ですよ!

イクメンクラブ 長谷川潤

2009年10月 7日 (水)

大原久澄さんのおてて絵本コメント

子供の頃、私の掌の上には“妖精”が住んでいた。
それを大人に話すと、大抵は一笑に付され、時々「嘘をつくな」と叱られた。
私は人に話すのを止め、いつしか“妖精”も現れなくなった。
そうして親になったある日、娘が両手に何かを掬い上げた仕草で、そろりそろりやってくると、その手を差し出してこう言った。
「おひさまつかまえた」
私は、私の親のように笑ったり怒ったりはしなかったけれど、たった一言「へぇ、そう」と答えただけだ。

子供は掌の中に、色んなものを持っている。
それはただの“想像”ではなく“創造”の種に違いない。
ただ、それをどう見つけ、どうやって育てるか…
サトシンさんから『おてて絵本』の話を聞いた時、なぜ今まで誰も、そこに気付かなかったんだろうと思った。
「その取り組みはきっと成功するよ。世の中の親たちは、みんな『おてて絵本』を待ってるよ」
私がそう言うと、サトシンさんは「そうかなー」と謙遜していたけれど、案の定、運動を始めた途端に火がついて、瞬く間に全国へ広がった。

あの時、『おてて絵本』があったなら…もはや子育てが終わってしまった私は、そう考えずにはいられない。

シナリオ作家 大原久澄

2009年9月20日 (日)

岡村寿乃さんのおてて絵本コメント

サトシンさんのおてて絵本に出会い、人と人が紡ぎだすお話の世界の広がりにびっくり!
自分でも気づいていない意外なあそび心を掘り起こされ、驚きとともに笑顔が広がるこのおてて絵本とても素敵です。おてて絵本を通して、コミュニケーションの大切さを語るサトシンさんの思いに、私たちの思いも重なります。いっしょに笑顔広げて行きましょう。応援しています。

新潟西おやこ劇場 岡村 寿乃

2009年8月29日 (土)

五十嵐加代子さんのおてて絵本コメント

「おてて絵本」
開いてみたら手のひらから言葉があふれていく。
どんな小さな子どもからも大きなおとなからも・・
不思議な魔法に掛けられたように、頭の中の想像力というコンピューターが
すごい速さで回転してしまう。
短い時間の中で、自分だけの物語を創作してしまう。
ちょっとすごいじゃん!楽しい時間です。

子育ち応援サポートセンター うん・まんま  五十嵐加代子

2009年8月15日 (土)

新保真徳さんのおてて絵本コメント

予期せぬことのおもしろさ。
脱線することの想像力。
大人が怖がることを平気で子供たちは実践しています。
子供たちの夢の世界についていけなくなったとき、
我々大人は限界を感じるのかもしれません。
もっともっと「おてて絵本」をお手本に。
子供に負けず「おてて絵本」を読んでみませんか?

BSNアナウンサー 新保真徳

2009年8月 7日 (金)

相田毅さんのおてて絵本コメント

最初に考えたコメント

おてて絵本は
サトシンさんのご子息のアイデアと
お聞きしております。
そもそもの始まりから、親と子の
コミュニケーションだったのですね。
でも、そんな子供のつぶやきに
耳を傾けたサトシンさんもエラい!!
早く、DS買ってあげなよ。

次に考えたコメント

サトシンは人間臭いから好き。
物事が上手く進むと、すぐ図に乗って
自分を過大評価する。
我が心に取り込んだ人間に対して、
少し上目線から発言する。
他人が犯した過ちは、大小に関わらず
ネチネチ責めたてる。
そんな人間だから、こうした本が書ける。
キレイじゃないけど、オモシロい。
器量は良くないけど、気持ちいい。
作品は人柄だと思う。

その次に考えたコメント

幼い頃、手品師が掌から出したのは
鳩だったり、花だったり、万国旗だったりした。
でも、おてて絵本なら
冷蔵庫でも、怪獣でも、クジラでも、宇宙でも。
何でも何でも出せるんだよ。
笑ったり、感動したりできるんだよ。
それを親子で出来るなんて、とってもとっても
素晴らしい事だと思うんだ。
何気ないけど素晴らしい。おててえほんは
コミュニケーションのマジックだね。

作詞家 相田毅

2009年7月24日 (金)

岩橋麻男さんのおてて絵本コメント

おてて絵本
一度手を開くとそこは空想の世界
子供から大人まで夢は限りなく、、、

おてて絵本
その手は閉じたくなるくらい素敵な世界
これは現実なのかって疑うくらい
この世界に君もおいでよ

おてて絵本
一度この世界に入った君の創造力は
限りなく広がり可能性を手にするんだ
これは現実なのかもしれない
きっと僕にも可能なのかもしれない、、、

おてて絵本
僕に勇気と希望を与えてくれる
手のひらから飛び出した僕の勇気は
現実となり夢の一歩を踏み始めるんだ
これはとっても刺激的な史劇なんだ

みんなで創造の世界を旅をして光をみつけてごらんよ
きっと君の想う夢が叶う<瞬間>ときがくるよ。

ブーフーウー代表取締役 岩橋麻男

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

オススメ

  • おさるのパティシエ
  • はやくおおきくなりたいな
  • たぬきくんとことりちゃん
  • さんぽのき
  • ぶつくさモンクターレさん
  • でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • わたしはあかねこ
  • おれたちはパンダじゃない
  • せきとりしりとり
無料ブログはココログ

最近のトラックバック